賢い運用をしよう!

特定口座とは

 株の売買を行い、利益を上げれば税金が取られます。

しかし、現在株式投資に対する税金は非常に有利です。銀行の利子雑所得等税金が20%かかりますが、株なら売買益や配当にかかる税金は現在10%で済みます。(2008年4月までは10%)

さらに、株式の売買損(年間の取引で出た損益)があれば、確定申告をすれば3年間損益を繰り越すことができます。次の年に売買益がでれば損益と相殺できるので非常に有利です。

特定口座とは

 株式に関する税金が変わったことにより、だれもが確定申告をしなければならなくなって しまいました。

しかし、特定口座を開設すれば面倒くさい確定申告をしなくてもよくなります。 特定口座は、証券口座を開設する際に、同時に申し込むことができます。もちろん、口座を開設した後でも、申し込むことは可能です。

特定口座には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があります。 源泉徴収ありで株取引をすれば、売買のたびに売買益から自動的に税金が引かれていきますので、申告のことはまったく気にする必要すらありません。

全て証券会社が代行してくれます。 源泉徴収なしを選んで株の取引をすると、「年間取引報告書」が証券会社から送られきます。 これを確定申告書に添付して、必要事項を記入すれば簡単に申告が可能です。

また売買益が出ているときは、その売買益から10%の税金が取られますので準備しておくようにしましょう。 初心者の方で、面倒はいやだという方は、迷わず特定口座の源泉徴収ありを選びましょう。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!