賢い運用をしよう!

スクリーニングを使いこなす

 口座を開いたはいいが、株の銘柄数が多すぎて何を購入したらいいか悩んだことはありませんか?予算に合わせて株を購入してみたら、ボロ株だったという事もあるかもしれません。ボロ株をつかまないためには、銘柄を検討する事が重要ですが、1銘柄づつ検討していたら、膨大な時間を浪費してしまいます。

そこで便利なのがスクリーニングです。スクリーニングとは、データ群の中から特定の条件に合うものだけを検索して抽出することを言います。自分の好みにあった銘柄を簡単に見つけることが可能です。それではスクリーニングに重要な条件をみていきましょう。

PER20倍以下

 PERとは株価収益倍率のこと。会社の利益を基準に、他の株式と比べて株価が割高か割安かを判断する指標となります。PERの倍率で株価が割高か割安かを判断することが出来るので、20倍以下ならお買い得な株と言えます。

PBR1倍以下

 PBRとは株価純資産倍率全ての負債を支払ったあとに残った資産、要するに「会社の解散価値」のことです。 会社は株主のものですから、PBR1倍以下なら会社解散の時に資産を全部売却すれば、株価以上のお金を貰えるということです。

ROE5%以上

 ROEとは資本利益率のことです。株主から預かったお金(資本)を使って、いくら儲けたか、つまり元金の運用利回り何%かということを示しています。運用利回りが高ければ成長性も高い企業なので、人気が集まりやすいです。 人気の高い株なら株価の値上がりが狙えます。

株主資本比率50%以上

 会社の借金の少なさを見ます。つまり50%以上あれば自己資本が沢山あり、会社にも体力がたっぷりあるということです。今般の増収増益の流れの中で、企業の体力がある所は増配傾向にあります。

利回り3%以上

 株に投資するならやはりリターンを得たい物です。株の値上がりだったり、配当や優待で欲しい物は人それぞれですが、それをひっくるめて全体の利回りを見ましょう。預貯金に比べて株式投資リスクがつきものですから、利回りの良いものを選びたいものです。

管理人がおすすめのスクリーニング

Eトレード証券のスクリーニング

 管理人のおすすめは、E*トレード証券スクリーニングです。上場企業4000社から設定条件にあった企業を抽出できます。Eトレの証券のものは最新の業績予想が反映されるのでかなりお勧めです。

株主優待のスクーリーニング

 トレーダーズ・ウェブなら「銘柄コードまたは銘柄名」、「権利確定月」、「優待内容」、「キーワード検索」、「最低投資金額」から検索可能です。どれか一つに入力すれば、検索が可能ですからかなり便利です。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!