賢い運用をしよう!
信用取引は強力な武器に

信用取引の種類

 信用取引には2つの取引があります。取引所がルールを決めた「制度信用取引」と証券会社が自社でルールを決めた「一般信用取引」があります。

制度信用取引

制度信用取引は、信用取引が開始された頃から存在しており、そのルールに則って取引を行う制度です。制度信用取引では取引期間が制限されており、最長で6ヶ月と なっています。この期限内に株を売却したり、返済等の取引を行わないといけません。 この為、もう少し持っていれば上がるのにと思っていても、取引期限が定められている為、長期投資には向いていません。

一般信用取引

一般信用取引と言いますが、実際には一般的ではありません。一般信用取引は、証券会社が取引ルールを決めたもので、松井証券の無期限信用取引等が有名です。メリットとして制度信用取引と違い、6ヶ月間の取引期限がなく、長期保有も可能です。デメリットとして、信用取引よりも借入金の利息や手数料が高いので注意が必要です。また、いつまでも株の保有が可能なので、損切りできない個人投資家が増え、信用買残がいつまでたっても減らない等の問題も生み出しています。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!