賢い運用をしよう!
信用取引は強力な武器に

信用取引のメリット

レバレッジ効果

 信用取引最大のメリットといえば、やはりこのレバレッジ効果です。レバレッジとはテコの原理のことで、信用取引では少ない投資資金を元に大きい資金を動かす事が出来る為、このテコの原理が思い浮かびます。

委託保証金が30万ある場合、証券会社によりますが約3倍まで動かす事ができます。 この為、何を購入しても儲かるような相場、例えば2005年8月以降のような相場だと大幅に儲かることが可能です。

逆に下落局面だと借金をして株を購入しているわけですから、株価下落損失拡大も伴うリスクもありますので、信用買諸刃の剣だという事を常に意識して取引を行うようにしましょう。

信用売りが使える?

現物取引だけだと買いしか出来ないので、下落局面では指をくわえて見ているだけですが、信用口座があれば売りから入ることが可能です。

信用売りとは、株価が下落しそうな時に、証券会社から株を借りて高値で先に売り、株が下落した時に安く買い戻せば利益を取る事ができます。

この為、下落相場でも勝負が出来るので、単純に儲かる可能性が高くなります。また、日本の個人投資家はなぜか信用買い大量に行うのですが、あまり信用売りをしない傾向にあると言えます。そこで信用買いだけでは危険なので保険をかける意味で、購入額の半分は空売りをしておけば急な下げ局面でも損を少なくする事が可能です。

信用売りは一般的に難しいと思われがち ですが、信用売りを行ったら現物で購入して、後は返済するだけなので以外に簡単ですよ。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!