賢い運用をしよう!
信用取引は強力な武器に

追証

追証とは建玉の評価損担保価値の目減りなどにより、追加で差し入れなければならない保証金のことです。ほとんどの証券会社で最低保証金維持率というものが設定されており、証券会社にもよりますが、30%を割り込むと口座に不足したお金を振り込まなければなりません。

これを怠ると保有している銘柄を証券会社に自動で売却されてしまいます。銘柄を継続保有したい場合は最低保証金維持率を回復するまでお金を振り込むようにしましょう。気をつけないといけないことは、証券会社にもよりますが、最低保証金維持率が30%割り込んだ場合電話やメール等で知らせてくれる会社もありますが、全く連絡してくれない会社もありますので、常に維持率は注意しましょう。

追証は発生させないには?

現金を担保に信用買いをしている分には、あまり注意することもないのですが、信用2階建をする場合かなりの注意が必要です。 信用取引では株券でも保証金の変わりになります。その為、現物株を担保にしてさらにそこから信用買いを行うことを信用2階建とよく言われます。

この場合、上昇相場なら大幅に儲かりますが下落局面では痛い目に合います。 維持率はその日の終値で計算されますので、下落相場が続いた場合、あっという間に維持率を割り込みますので、安易信用2階建はやめましょう。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!