現代の錬金術でお金を稼ごう!!
オークションで入札する

入札する前に

 オークションIDが済めば、入札が可能になります。これで自分の欲しい物が手に入れる事が可能です。しかし、いきなり何も考えずに入札を行うのは危険です。出品者の中には、プロの業者も存在しますし、中には落札者を騙してやろうという輩も存在しますので、まずは安めの物から落札してオークションになれるようにしましょう。

入札者の評価を見る

 入札後のトラブルと言えば、お金を振り込んだのに商品が届かない詐欺を連想するかもしれませんが、一番多いトラブルは落札商品の説明文と違ったり、郵便事故による商品の破損未着です。

そこで出品者の評価欄を必ず見るようにしましょう。親切丁寧な対応をしてくれる出品者なら、落札者のその後のコメントも載っていて確認が出来るので、出品者の人となりが分かります。コメント欄でバトルを展開しているような出品者は、必ずトラブルになることが多いので避けるのが無難です。

出品者としてか落札者としてかの判断をする

 ヤフオクでは、出品者としても落札者としても評価が付きます。例え非常によい評価が多い出品者だとしても、それは出品者としての評価が良いとは限りません。多くの落札をこなしていれば、非常に良い評価を得るのは簡単なことです。

しっかりお金の振り込みをしていれば、出品者は非常に良い評価を付けますから、出品者としての評価が少ない場合、出品者としての評価が分かりませんから、入札も賭けになってしまいます。なるべく出品者としての評価が高い人から落札するよう心がけましょう。

しかし、評価の高い人の出品物はやはりみんなが入札する為、相場より少し高めになる場合がります。 その為、同じ商品が出ていた場合、評価がまだ少ない人(出品を始めたばかりの人)の商品なら、多少安く買える可能性がありますから、安く買う為なら入札するのも一つの手です。

あいまいな表現

 商品状態が画像で確認出来ればいいのですが、いかんせん写真で判断するのは 難しいもの。画像と説明文を見ても商品状態が判断出来ない物は、避けるのが無難。落札商品が到着してから、状態が分かってはトラブルの元。

Q&Aに答えてくれるか

 商品の状態が分からないなら、出品者に質問するのも一つの手です。質問に対してしっかりした対応をしてくれる出品者は、親切な人が多いのも事実。質問に答えてくれない出品者への入札は避けましょう。

画像がない、又は少ない

 商品の画像がなければ、その商品が実際あるのかどうかも怪しい物です。また、画像があっても ピンぼけしていたりしたら、商品の状態が分かりません。あえてピントをずらして商品の状態をごまかそうとしているのかもしれません。別角度からの写真をアップして欲しいと頼んだりして、アップしてくれなかったら入札は避けましょう。

ノークレームノーリターン記載がある

 ノークレームノーリターンは、苦情返品受け付けないと言うことです。落札する前に評価確認をして、出品者に不満を持った評価者がいた場合は、注意が必要です。しかし、記載があっても誠実な対応コメントがあった場合、優良出品者だと思われるので、取引しても大丈夫だと思われます。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!