賢い運用をしよう!
信用取引は強力な武器に

逆日歩

信用取引をしていると逆日歩という言葉をよく聞きます。これは逆日歩と呼び、信用売りが増えると、売った側の投資家信用買をした投資家に支払わなければなりません。

逆日歩発生方法

 信用取引は株を証券会社から貸りて売買しています。信用売りが増加してくると証券会社は不足している株を調達しなけれなりません。そうなると銀行や機関投資家から借りてくる事になります。もちろんタダでは貸してくれませんから、その必要な資金は信用売りをした投資家が負担しなければなりません。

逆日歩の注意点

□信用取引は株や資金を借りて取引しているので、金利が毎日発生します。
□逆日歩が発生すると、信用売りをしている投資家全員が負担しなければなりません。
□取引のない休日(土日)も含めて日毎計算される。
人気のある優待銘柄は、株不足に陥りやすいので、株が不足して逆日歩が高くなります。

例:権利日が月末で権利確定日まで4日の場合で両建し逆日歩が1円の時

信用買1000株
信用売1000株×4日×1円=4000円

とこのように、信用売りした場合、信用買い売りが上回る場合に、4000円支払う必要が出てくるので注意が必要です。 逆に信用買いをした投資家は配当調整金という形でお金を受け取れるので、信用売りが多い銘柄を配当調整金を狙って取引するのも一つの手です。

 スポンサードリンク

ページTOPへ

始めよう株式投資
株主優待で得をする!
賢い運用をしよう!
現代の錬金術でお金を稼ごう!!